スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ごめんちょっとこれは言わせての話。

こんばんは、ちんもぐらです。

サンデーに連載中の「名探偵コナン」の891話~892話について
私なりの推理が出来たのでちょっと書こうかなと思います。

前回推理はしないよ―とか書いてすいません。

でも先週と今週のサンデーを眺めていたらひらめいたことがあるので、
自分用にメモ書きをしたいと思います。

ひらめいたとチョーキモチイー状態だったのでw


それでは追記より、ネタバレです。

※名探偵コナン、891・892話ネタバレあり※








思ったことをつらつら書くだけのものです。



おそらく答案用紙が今回の事件のキーポイントなのだと思います。

891話冒頭で夏子先生は答案の「採点」をしています。「採点」なのです。
「丸つけ」ではないのです。
彼女が書きいれているのはレ点のチェック。日本ではそのしるしがあれば「間違い」と思われるでしょう。

それを踏まえて私が不審に思った点(891,892話両方)
1:夏子先生がレ点から書き始めている。
↓答案用紙の画像から↓
2:手前の花丸と後ろの花丸、よく見ると花丸が始まる向きが違う。
3:右上は全て「5-3」という問題なので答えは「2」のはず。
しかし「みのり」の「3」が正解を表す丸で、「**じ」の「2」は不正解を表すレ点になっている。
4:花丸が付いている後ろの答案。花丸が付いているということは100点満点のはず。
右上の点数もそう見える。しかし、よく見ると全ての問題にレ点が書かれている。

2と3→「夏子先生以外の誰かが答案を採点した。」
また夏子先生はアメリカ帰り、1や4→「夏子先生はアメリカ風の採点方法。つまり、正解にだけレ点を書く」
ということが浮かび上がります。

夏子先生の採点の仕方はアメリカ風だったのですね。でも、その後誰か(おそらく犯人)がやってきて
夏子先生が途中だった採点を日本風に書いてしまったのでごっちゃになった答案が出来上がった。

あとは犯人を考えてみましょう。実は絞り込めていませんw
・菅本が犯人じゃない決定的な証拠はありませんが、同じ教師なので答案は持って帰らないかな、と・

・植野はハンカチを借りたときに盛大に鼻をかんでいた。これはアメリカ人がよくやる行為です。
おそらくアメリカを毛嫌いしている様子の彼女も実はアメリカにいたことがあるのでしょう。
そうすると夏子先生のアメリカ風の採点に気が付くのではないか、と。

・教師でもなく、アメリカになじみの無い神立が一番怪しいかと思います。
「採点してたようだから…」と言っていますが9時ごろきて夏子先生に会えなかったはずの
彼が何故採点していただなんて知っているのでしょうか…。それと他の関係者から聞いたからなのでしょうか。

はっきりとした証拠まで無いのでホント適当な簡単推理ですが、私が思いついたのはここまでです。

ふぅ。またなにか思いついたら書こうかな。
来週が楽しみですね。

それではまた、かきます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ちんもぐら

Author:ちんもぐら
ニコニコさんやピクシブさんで色々投稿してたりします。
基本変態です。
ジャンルは主に日和。ゼルダ。その他ピンと来たもの。
ニコニコさん】【ピクシブさん

年別 アーカイブ
カテゴリ
最新記事
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。